【AromaTable】アロマが優れた健康法である理由と、まずはかんたんな始め方

アロマテラピーはおしゃれだけではもったいない

直訳すると「芳香療法」といいます。つまり、精油を使った治療方法。

しかし実際は「おしゃれ」とか「リラックス」といった、気軽に気分を変えるだけのイメージの人も多いのではないでしょうか?

確かにアロマって、人気も認知度もそれなりにあるのですが、本当のアロマテラピーの良さは全くといっていいほど知られてないな、もったいないな、というのが私の感覚。

植物療法とアロマテラピーの違い

本来のアロマテラピーって、精油にある薬効を期待して、治療に利用できるのですが、植物にそんな力が本当にあるの?と思われるでしょう。

しかし、そもそもお薬というものは、薬草など植物由来。そこから人工合成できるようになったお薬はたくさんあります。

アスピリンは柳の木の皮の痛み止め成分から、タミフルも八角からです。

しかも、漢方やハーブは植物をそのまま使っていますが、アロマテラピーでは、ぎゅっと植物のエッセンスを凝縮したもの=精油(エッセンシャルオイル)を使います。

そのため、実はよりお薬っぽく使うことが可能になります。

精油を安全に楽しむ

自然の力が凝縮された、とっても濃い植物のエキス。薬効を期待して、お薬のように治療に用いることも可能になると書きましたが、

ぎゅっと濃縮されているからこそ、使い方に気をつけないと、危険で注意が必要な部分もあります。

つまり、リラクゼーション目的の一般に知られているアロマテラピーは、安全性が高い使い方。

この使い方をもちろん否定しているわけではございません。

むしろ、アロマテラピーのファーストステップとして、積極的にお勧めしている方法です。

まずは簡単な楽しみかた

今では、色々な雑貨店で気軽に販売されてることも多い精油ですが、アロマテラピー専門店での購入がおすすめです。

100円ショップなどでも販売されている「アロマオイル」は、天然ではなく、合成香料だと思いますので、効果も期待はできないですし、最近よく言われる香害の可能性も否定できないので、わたし個人は使わない方が安全という認識です。

精油を1本用意して、ティッシュに2〜3滴垂らせば、枕でも、車でも、カバンでも、好みの空間になります。

マグカップにお湯を入れて精油を2〜3滴垂らし、気軽にリラックスやリフレッシュもできます。

広い空間に、例えばお部屋などに香らせたい場合は、アロマ専用のディフューザーが広がりやすいです。

植物成分が、嗅覚に働いてくれ、脳に信号を送って、全身に働きかけてくれます。

好きな香りを、まずは1種類からスタートするくらいの気軽さから始めて大丈夫。

私のおすすめはオレンジ。この香りは老若男女みんなに好まれやすくって、比較的買いやすいお値段ですよ。

▷【AromaTable】オレンジスイートレシピ

慣れてきたら、もう1本増やし、2種類ブレンドしてなんてのも楽しいです。

混ぜるだけなので、おうちのテーブルで気軽に調香できます。

精油に慣れてきたら、スプレーを作ったり、香水や化粧品を作るのもとても楽しいですよ。

もっとメディカルに使いこなす

しかしそもそも精油は、最初にも書いたように、植物の力をギュッと凝縮したエッセンスです。本来はとてもパワフルなもの。

しかし薬効を治療目的で使っていく、そんなメディカルアロマの実践は、精油の選択や濃度の理解、摂取方法、自分の体質など、見極めるちょっとしたコツがいります。

それを注意点とともに知っていくのが、「プロも知らないメディカルアロマ」という副題の嗅覚反応分析士入門講座です。私と同じように、植物のパワフルな力を使いこなしてみたい方に知っていただきたいのはこちらの方。

「知って欲しいな〜」「知らないともったいないのでは?」と心から思っています。

ここでは、安全性を考慮し書けないことも多いですが、可能な限り色々なレシピを提案していきたいとは考えています。

アロマの可能性

そもそも、現代のストレス社会には、香りをお部屋に焚いたり、香りを楽しむだけでは解決できない問題が山のようにあると思いませんか?

いっときの癒しはもちろん必要ですが、それだけでは本当の幸福は得られません。

メディカルなアロマの使いこなしは、医療機関でも解決できなかった問題や、手立てがないと思われている問題に対しても、有効な可能性があります。

実際の体験や生徒さんを通した経験からももちろん感じています。

行き詰まってしまった人や、放置されてしまっている問題に対しても、希望が感じられる場合も多くあるんじゃないかなと思うのです。

症状だけでなく、体質を改善するという視点も大切です。

体感としては、お薬以上と感じることはおおいですが、もちろん薬のように素早く結果ではなく、ゆっくり自分に向き合う必要もあります。

けれど医療任せにせず、アロマに限らず自分なりの手立てを持っておくことは、とても大事なことです。

そほ方法は、自分だけでなく周りを助けることができる、今後の社会で非常に重要なものなんじゃないかな。

実際、コロナウィルスの蔓延時にも、おかげで随分と不安を減らしてくれました。

きちんとした情報と、けれどスペシャリストだけが使いこなせるのではなく、誰でも実践できるオープンなもの。

わたしが、今のストレス社会でアロマテラピーに求めているバランスです。

そんなスタンスで、自分や家族のために役立てられるアロマを実践できる人が増えたらいいのになぁと思います。

暮らしの場で【AromaTable】

camille

Miho(ミホ)。嗅覚反応分析士トレーナー。AEAJアロマインストラクター。2児と2匹の母。 関西から、香りを使った分析法や、今までにないあたらしいアロマテ...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

香りと体がたくさんのシンプルなことを教えてくれます。

みんなで、自分ファーストな健康実現社会を目指しましょう。

嗅覚反応分析士基礎講座認定校
ABOUT

嗅覚反応分析とは