はじめに【AromaTable】とは

わたしがアロマを生活にとり入れたのは20年ほど前のこと。

きっかけは息子の傷でした

小さな頃、息子の手にできた小さな傷。なぜか化膿が治らない。

色んな病院にも行ったし、良いと聞いた病院なら遠方にも通ったけど、ひどくなる一方。

ステロイド治療を繰り返した結果、包帯ぐるぐる巻きの息子の手を見て

「なんで治らないの?」「どうしたらいいの?」と絶望し、精油を使ったら治るではと閃いたのがきっかけでした。

しかし、残念ながら当時は効果はいまいちで、結局アロマテラピーの良さが理解できませんでした。

肝心の息子の手は治療を諦め、周りにとても心配されながらも、化膿するまま放置してみました。

半年ほどして膿が出切った頃、自然に綺麗に治っていったのです。

やっぱり気になるけどやっぱり違うのか

そして時は過ぎ、40代に入ってなにか始めたいと思った時に、やっぱり気になるアロマテラピーをしっかり学んでみようとスクールに通いました。

もともとお薬に頼る生活はしたくない方だし、息子の傷でお薬に対する不信感も増していたので、家族や長い人生で使える健康法や手立てを求めていました。

スクールでは、大人になって勉強すること、いろいろなアロマクラフトを作ること、違った人間関係ができること、世界が広がった感じでとても楽しかった!

けれど、「じゃあアロマの効果は?」と言うと、やっぱり気のせいにしか感じない。

残念ながら、やっぱりそんな印象のままでした。

アロマのせいじゃなかった

しかしこの行動がきっかけで、後に嗅覚反応分析入門講座へ、そこで嗅覚反応分析を知ることになります。

  • 「なぜ効果が感じられなかったのか?」
  • 「なぜ息子は化膿が治らなかったのか?」
  • 「なぜ勝手に治ったのか?」

そこですべてが繋がり、すーーーっと腑に落ちて、いきました。

アロマが悪かったんじゃない。「選択」が「使い方」が合ってなかったんだ。

人には自分で治す力が治癒力がちゃんとある、まずはそこ。それをアロマはサポートする素晴らしいものである。

本質の健康法にやっとたどり着けた、そんな安心感と感動がありました。

期待以上

さらに、自分を知れば、自分に合ったレシピを誰でもとても簡単に作れる。

そこにもとても明るい光を感じたこと、今でも鮮明に覚えてます。

こんな簡単でいいの?と驚きましたが、実践してみて、求めていた効果をちゃんと実感するように。

嗅覚を使い自分を知り、自分の求めるアロマを選ぶことは、シンプルで簡単だけど、実はとても理にかなった方法です。

今ではわたしにとってアロマは、初めに期待した以上のものになりました。

ハードルは低く

しかし私のように誤解が生まれやすいアロマ。人によっては「とても難しい」と感じられます。

確かにアロマテラピーの学びは奥が深く科学的な解釈を知りながら深めるのは、ハードルが高く難しく、一方好きな人にはとても面白い学び、ではあります。

しかし、アロマを使う、その良さを体験するには、むしろ逆に力を抜いて欲しいもの。

詳しく知ることと、日常で使うのは別の楽しみ方です。

ここでは、アロマは日常で気軽に暮らしに溶け込むような「気楽なスタンス」で、もっとアロマの良さをしっていただきたいと思っています。

その結果、忙しくても続けられて、一つ一つ知識や経験が増えていき、その人になくてはならないものと、だんだんとなっていくようなものであれば嬉しいです。

そんなアロマの向き合い方の場所として、ここを「AromaTeble」と名づけました。

見えないけれど拡げたテーブル、それが「AromaTebleまとめ」ページ。ゆっくりこつこつ作ったり、時々直しながら育てています。

暮らしの場で【AromaTable】

camille

Miho(ミホ)。嗅覚反応分析士トレーナー。AEAJアロマインストラクター。2児と2匹の母。 関西から、香りを使った分析法や、今までにないあたらしいアロマテ...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

香りと体がたくさんのシンプルなことを教えてくれます。

みんなで、自分ファーストな健康実現社会を目指しましょう。

嗅覚反応分析士基礎講座認定校
ABOUT

嗅覚反応分析とは