マインドフルネス・瞑想がうまくできているか知る方法

瞑想には様々な効果があることが科学的にも実証されています。

ビジネスで成功している人が瞑想を習慣化していたり、多くの企業、例えばGoogleやYahoo!なども研修で取り入れていたりするそうです。

瞑想の効果

リラックスして脳を休ませ、ストレスを軽減させ、

パフォーマンスマンスの向上や、免疫力アップ。

心にも体にも良い影響を与えるのが瞑想の効果と言われています。

そんなすごいなら、誰だってやってみたいと思うはず。

瞑想の方法は

1.良い姿勢で坐る

2.自分の呼吸に意識を置く

3.感情や思考が浮かんでも、それを追わず呼吸に戻る

いろんな流派がありますが、一般的にはこんな感じでしょうか。

すごくシンプルで、誰でもできそうなのが特徴です。

が、しかし。

瞑想ができない

私も何度か挑戦してみたことがありますが、全く出来ている気がしません。

スッキリしたとか、ストレスが軽減したとか、パフォーマンスがあっがた、と感じられないんですけど。

寝ながら行うスタイルにチャレンジしても、見事に寝落ちしてしまう。

呼吸に集中しようとしても雑念はひっきりなし。

それを手放すといいと言われても難しいし、じっとするのも苦痛というダメっぷり。

瞑想の効果や良さを感じられたら、自然と継続できるのかもしれませんが、それ以前の問題だし。

シンプルだけど、習慣にするのは簡単ではないな〜と思います。

そこで

嗅覚反応分析で、瞑想の効果がわかれば習慣にできるかなと、検証してみました。

嗅覚反応分析は8本の香りの好みで、自分の今の状態をこのようにグラフ化します。

このグラフの各エリアに体の臓器など分類されています。

簡単に説明すると、下が小さく+と書いてあり、上がーになっています。

そして、右上に小さく「心」と書いてありますので、右上が「心の鎮静(ー)」ということです。

左下にも「心」とあり、「左下は心の活性(+)」と説明できます。

瞑想の場合は「ストレスフルな脳」を休ませる行為ということですので、瞑想することで、心は落ち着くのが正解でしょうか?

瞑想がうまくできているか考える

残念ながら、心は鎮静すれば良いとは限りません。

イメージしてみてください。

鎮静=冷静と捉えると・・冷静に考えすぎているときも、脳にストレスがかかっているとも言えます。

逆に興奮し活性しているときは、鎮静させればよさそうです。

つまり瞑想も必要な人、必要じゃない人、合う人と合わない人がいるのではないでしょうか?

はたまた、活性と冷静の「バランスが取れている状態」に持っていけることで、恒常性が整い、瞑想の効果が得られると言えるかもしれません。

実際に、わたしが瞑想をしてもグラフはなかなか整いません。

呼吸を意識しすぎて・・グラフが余計にゆがむこともあります。

どうりで、すっきり感もなく、効果的と思えなかった訳です。

瞑想に慣れている方は、瞑想後に綺麗にグラフが整うことが多いよう。これは瞑想上級者です。

または、瞑想行為がその方に合っているのかもしれません。

瞑想ひとつとっても、健康法について考えることは、奥が深いですが、香りの好みが変わるか変わらないかで、その効果を検証するのは、とても論理的で目に見えてわかりやすいです。

香りの好みの変化を確認しながら、色々なものの効果を検証するのはおすすめです。

21.04.30 加筆修正

公式講座とオリジナル講座

camille

Miho(ミホ)。嗅覚反応分析士トレーナー。AEAJアロマインストラクター。2児と2匹の母。 関西から、香りを使った分析法や、今までにないあたらしいアロマテ...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

香りと体がたくさんのシンプルなことを教えてくれます。

みんなで、自分ファーストな健康実現社会を目指しましょう。

嗅覚反応分析士基礎講座認定校
ABOUT

嗅覚反応分析とは