犬も香りの好みがあります

BLOG

今日はうちのワンコ2匹「いくらとたら」の、たらちゃんに、ある精油を嗅がせると、
手を出し、必死で舐めようとしてました。

最近体調不良気味のたらちゃん。
どうも香りを強くお求めのよう。

嗅覚反応分析ではいつも同じボトル(香り)を噛んでしまう、たらちゃん。

この子はてんかんの持病持ちなのですが、今は、ほとんど発作は起きなくなってるけれど、それはほんとに嬉しいけど、やはり季節の変わり目や、ストレスなどには注意が必要です。少し早めに対処するのが大事だなと感じます。


最近めっちゃ元気すぎて油断してました。
こんな欲しがってるなら、もう少しちょこちょこ嗅がせてあげたいね。
2匹は、見事に好みの香りは真逆です。


いくらの好みに合わせて香りを使うと、
たらちゃんのてんかんを逆に助長してしまうので、
一緒に嗅がせるには注意が必要です。

いくらはは持病もなくすこぶる元気なので、
基本的に精油は使わずです。
嗅覚が鋭い犬に精油を選ぶのは、体質や濃度や使い方などの見極めが必要ですね。

しかし、お困りごとがある場合には、
香りが本当に助けになってくれます。

camille

海歩(Miho):嗅覚反応分析士トレーナー。AEAJアロマインストラクター。主婦の立場から、薬効を持つアロマで家族の健康サポートを期待し、40歳で学び始める...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

香りと体がたくさんのシンプルなことを教えてくれます。

みんなで、自分ファーストな健康実現社会を目指しましょう。

嗅覚反応分析士基礎講座認定校
ABOUT

嗅覚反応分析とは