結局バランスに行き着く件。

ネットフリックスで「マスカーレードホテル」をみました。

この映画はキムタクと長澤まさみさんの映画で、ホテルを舞台にしたサスペンス映画。

今年は、続編の「マスカレードナイト」が公開されてますね。

キムタクやっぱ華あるな〜。映える。と思いながら、のんびり日曜日のほっとする時間です。

わたしが気になったセリフ

「ホテルマンはお客様の素顔を想像しつつも、その仮面を尊重しなければなりません。
 決して、剥がそうと思ってはなりません。
 ある意味お客様は、仮面舞踏会を楽しむためにホテルに来ておられるのですから」

ホテルマンの長澤まさみさんのセリフがありました。

ここが一番わたしに刺さったとこでした。

なぜなら、人とコミュニケーションをとるうえで大事なのは、その人の本質を理解することというのが、私のスタンダードになりすぎてたなぁと気がついたから。

「表面ではこう言っているけど、本当は〇〇。」。基本はこの「本当は」の方を理解して、接する方がコミュニケーションとしては正しいという考えを持っているなぁ、私。

子育てでも、お仕事でも、この本質をみるということを結構心がけてきた。

わたしの仕事の内容は、無意識エリアにアプローチする嗅覚を使うので、そもそもがどうしても本質にアプローチする仕組み。だから、ただでさえ「本質」ってことに比重が行きがちになっちゃう。

だからこそ、今回この映画のこのセリフを聞いてはっとしました。

「人は仮面を被りたい時がある。それを剥がそうとするような、土足で人に踏み込むことは気をつけよう。」と。

確かに、お客様は見抜いてもらうことを目的としてこられる。知りたいことがあるから来られる。だからこそ「本質をみないといけない」という思い込みがある。

当たり前だけど、夫婦でも親子でも、全部を知られたいわけじゃないし、知らなくっていいことっていっぱいあるよね。ほどほどがちょうどいい。目的に合っていない部分まで剥がす行為してないだろか。

そんな風に振り返ったわけです。力が入りすぎないようにしないとね。結局、これが出来ることで、楽になるのは私。それでいいんだ、とも思えます。

結局身軽に生きるには、今日も「全てはバランス・・」ってことに行き着いちゃいました。

camille

Miho(ミホ)。嗅覚反応分析士トレーナー。AEAJアロマインストラクター。2児と2匹の母。 関西から、香りを使った分析法や、今までにないあたらしいアロマテ...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

香りと体がたくさんのシンプルなことを教えてくれます。

みんなで、自分ファーストな健康実現社会を目指しましょう。

嗅覚反応分析士基礎講座認定校
ABOUT

嗅覚反応分析とは