「精油」「エッセンシャルオイル」と「アロマオイル」は違う?アロマ選びの大切なポイント

アロマテラピーが一般にも知られ人気になるにつれ、アロマ商品はどこでも手に入りやすくなりました。アロマテラピー専門店だけでなく、雑貨店でも気軽に変えたり、最近では、100円ショップでも販売されています。

しかし、アロマテラピーは気軽に誰でも楽しめる反面、実はちょっとしたコツが必要です。

精油とアロマオイルの違い

アロマテラピーは、直訳すると芳香療法です。つまり香りを使った療法で、メディカルな効果を期待するのがそもそもの目的。

そのために、植物に含まれる「天然の揮発成分をぎゅっと凝縮した液体」を使います。それが「エッセンシャルオイル」とか「精油」と呼ばれるもの。

この「精油」を使って、香ったり、塗ったりすることで、メディカルな効果が期待できます。

一方「アロマオイル」と書かれているものは、「人工香料や植物油などが含まれてる液体や石油系のものなど」。アロマ(=芳香)を楽しむのが目的とされていて、テラピー(=療法)の目的ではないということ。

香りを楽しむことはできるけど、肌に塗ったりして、効果を期待するものではないのです。

そもそも雑貨

海外では治療効果が認められていたりして、医療機関で「精油」をお医者さんが処方したり、薬局で扱われたりして、お薬のように扱われている国もあります。

しかし、日本では精油をお薬の様に使うのは認められていないし、「精油」は「雑貨」扱いです。だからテラピー(療法)での品質は問われてないし、自由に販売もできます。

日本では「アロマオイル」も「精油」も一緒のくくりになって、どこでも買えるし、品質も様々に感じ、けれど名前も似てるし違いもわかりにくい。とっても混乱する理由です。

つまり、アロマテラピーの商品選びは目的に合わせて、自分で選び取る目を養うことが必要になってきます。

目的にあわせて選ぶ

◯香りをただ楽しみたいなら「アロマオイル」

市販の洗剤などでも色んな香りがつけてあります。香りで柔軟剤を選ぶ人も多いですが、「ラベンダーの香りだから鎮静効果を期待して・・」なんて薬理作用で選ぶ人はいないですよね。「良い香り〜」を求めるだけ。同じく、いい香りを楽しむ目的で、100均のアロマオイルを楽しむのはアリです。

ただ、精油の薬理効果は期待できないし、塗ったり肌に直接つけることはできないと思います。

それと、最近よく聞くのが「香害」です。

『香害(こうがい)は、香水や人工的な香りのついた洗濯洗剤・柔軟剤などに含まれる香り成分が原因で、不快感を感じたり、頭痛やアレルギー反応などの症状がでることで健康に害を受けること。』

アロマオイルはおそらく天然成分ではないので、このようなリスクは考えられるかなと思います。

◯効果を期待するなら「精油」「エッセンシャルオイル」

天然100%の精油やエッセンシャルオイルと表示があるものを使うなら、効果が期待できますね。天然なので、その分精油の種類によっても、お値段が高くなるものもありますが、「天然の揮発成分をぎゅっと凝縮した液体」なので、ちっちゃな瓶入りだけど、どうしてもある程度の価格にはなります。

安価過ぎると怪しい可能性もあります。世界の精油の生産量に比べて販売量消費量の方が多いといわれている精油。つまり、原価をおさえるために、違う種類の植物の精油を混ぜられていたりすることもあるようです。精油の需要が高まったことで、悪質な商品も増えているということ。

「精油」「エッセンシャルオイル」と表示があっても、あくまで「雑貨」なので、その品質選びは注意が必要なんです。また難問きた。

精油をメディカルに使いたい

実は、精油をメディカルに使うのにも、いろいろな方法があります。

・香る療法

・塗る療法

・飲む療法

香ることと飲むことでは、もちろんリスクや危険度は変わります。

香る療法で使いたいなら、比較的どんなメーカーの「精油」でも安心かなと思います。

例えば、無印良品で販売されている精油を調べてみましたが、「エッセンシャルオイル」と販売されており、香りの療法として期待できる商品と言えそうです。

販売されている精油の種類も、香る療法におすすめのものが多いですし、使い方もストーンやディフューザーが一緒に販売されているように、香りの療法として使うように推奨されています。

香り療法を楽しむには、買いやすく良いメーカーと言えるかもしれません。わたしも無印良品というメーカーへの信頼はあります。

しかし、成分表はついていないので、気軽に安全にアロマテラピーを楽しむ目的でしょう。療法と言えど、効果がっつりというよりは、やはり楽しむ要素が大きそうです。

成分がわからないと、薬理効果は、判断しにくい部分があります。薬理効果と成分は関係があります。メーカーが違えば同じ植物でも成分が全く変わることもありますので、成分表があるほうがメディカルに使いやすいと考えられます。

アロマテラピー専門店での精油には成分表が付いていることが多いのは、そういう理由もあるということ。

このようにメーカーごと、目的がまずあって、そのための基準が設けられていると思います。

そしてややこしいのが、アロマテラピー専門店でも、目的が違い、そのため基準はさまざまということ。楽しむ目的のメーカーから、がっつりメディカルな使い方を(暗に)推奨しているメーカーまで、いろいろなスタンスのところがあります。

何故、暗にかというと…日本ではお薬のように「精油」使うことは認められていないので、各メーカーも使い方を公に言えないからです。目的を表立って言えないので、学んだ人が買えるように基準を示し(国内検査をしてますよとか、ABマーク付きですよ、など)、信頼して選んでもらえるようにされています。

アロマテラピーを学んだ人が、その価値を理解して購入に辿りつけるシステムになっている。

これがメディカルアロマが伝わりにくい理由の一つです。

目的に応じた知識を身につける

しかし人によっては(わたしわたし)、その薬理作用を最大限に発揮した使い方をしたいと思うこともありますよね。海外では医療行為として認められているものを、セルフケアに使いたい。ガッツリ効果的な使い方をしたい。

そんな方も、このシステムが理解できず、この望みが解決せず、迷路に入り込んだようにさまよっていまう人が多いのではないかな?

どのメーカーで買えばいいのか?

本当に精油には効果があるのかな?

プロでも、人によって言うことがバラバラなのはなぜか?

わたしはずっとそんな疑問だらけだったのですが、

なんだ伝える人によって、アロマテラピーに求めるものが違うんだ。目的が違うんだ。ということをやっと理解しまして、

わたしはメディカルに使い、効果効能を得たい。だから、どんな種類の精油を選び、どのように使い、どこのメーカーで購入するか。ということをハッキリさせて、リスクも理解しながら日常で自己責任でお薬のように使っています。

さらに今は、精油を分析ツールとしても使っていますので、精油の素晴らしい効果だけでなく、精油から色んなメッセージを読み解いているという風に使っています。ほんと、精油の奥深さには興味がつきません。

こんな素晴らしい「精油」。もっとたくさんの人に本当良さを、しかもなるべく簡単に、伝えていきたいなという思いでいっぱいです。

あなたのアロマテラピーに期待するものはなんですか?是非その目的にあわせて、商品選び、使い方を選んでみてくださいね。

長くなりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございます。

(嗅覚反応分析士トレーナー CAMILLE 垣内海歩)


友だち追加