セルフケア!とかんたんアロマテラピー

CAMILLE/Mihoです。

なにより、わたしは自分らしく好きに生きたいです。そのためには健康でいることは、とっても重要です!なぜなら、健康という土台があるほうが、何をするにも制限がないと思いませんか?

そして、面倒なことが一番嫌いなので、「毎日かんたん」「小さな目を摘む」という感じで、自分をケアしたい。大きな面倒を避けるために、日々面倒なことになるのだけは避けたいです。

例えば、今(2020年4月1日現在)世の中はは、コロナウィルスの影響で、大きな不安に覆われています。はじめはわたしも「暖かくなったら収束するのかな〜」なんて安易に考えていたのですが、そんな事を言ってる場合じゃない状況になっています。

しかし、日々コツコツ、セルフケアしていることで、何だか安心して暮らせています。なぜかというと、今専門家の方が言われているウィルス対策は「うん、ずっと普段から気にかけているよ。」と答えれるものが多いし、

さらにアロマテラピーを普段からお薬の様に使っているので、妙に安心感があるんです。

自分の健康は自分でケアしよう

今できることは、ウィルスに触れず、拡散しにくい環境作りや手洗い・うがいなど。

アロマテラピーで予防もできます。色々おすすめの精油はあるんだけど、1本でも持っていると毎年便利だと思う。

もう一つの対策は、ウィルスに抵抗できる体つくりですね。

免疫力を維持

ウィルスに闘うには、免疫力を高め、抵抗力をつけること。

新型コロナにかからないために私たちにできることは―

宮坂氏「まずは、ウイルスがいそうな場所には行かないことです。つまり、密集した場所、密閉空間、他人との近接距離を避けることが大事です」

「次に、体内時計を狂わさないこと、つまり、生活リズムを守ることです。というのは、体を守る免疫反応だけでなく、食べる、消化すること、眠ること、すべてが体内時計によって支配されているからです。ですから、体内時計を狂わさないことが大事なのです」

「たとえば、朝早く起きて朝陽を浴びながら散歩をすると、体内時計がうまく動き始めます。夜、決まった時間に寝るとさらに体内時計がうまく動くようになります」

「それから、積極的に体を動かすことも大事です。リンパ球などの免疫細胞は血液やリンパ液に乗って体内をパトロールし、異物を見つけ、排除しようとします。体を動かすと血流、リンパ流が良くなるので、免疫力を維持できるのです」

「食べ物も大事。程よい量で、バランスの良い食事をすることが大事です」

「最後にストレスを避けることです。ストレスにより副腎からコルチゾールというホルモンが作られ、これにより免疫細胞の機能が低下します。ストレスのある時に風邪を引いたり、ヘルペスになるのは、このためです」

https://news.yahoo.co.jp/byline/kimuramasato/20200322-00169018/

免疫学の宮坂先生のアドバイスによると。

生活リズムや体内時計を整える。

食事・運動・休息・ストレスケア。

基本的にとてもシンプルです。この機会に少し生活習慣を見直すだけでも、すぐにカラダは応えてくれると思うし、コツコツ継続することで、体質改善になると思います。

太陽光で体内時計を整える。

お部屋の中に居ても、朝にはいつも太陽の光をキャッチできます。朝にカーテンを開けると、気分がスーッとスッキリ目覚めるのが感じられるハズ。散歩に出て、外で日光を浴びるのも良いですね。普通に気持ち良いですし。

日焼けは気になる所ですが、朝日を浴びる効果というのは体内時計のリセットだけでなく、セロトニンが分泌されたり、ビタミンDが生成されたり、などのたくさん効果があります。

無料で誰にでも得られる自然のチカラを利用する健康法。ラクだけど凄く効果的なので、毎日意識しています。

やっぱり、日光を浴びれない日は気持ちは落ちやすい。

運動を取り入れる

運動不足で、血行不良や、筋肉不足などになると、代謝も落ちるし、免疫力の低下にもつながります。毎日の生活の中で、巡るカラダにすることは、健康にもダイエットにもヨシ。

そんな大袈裟に考えなくても、軽い朝の散歩は、日光を浴びれるし、一石二鳥。

時間がとれない方も多いと思うけれど、短い時間だけでも、週に2日からでも、室内の明るいところで3分だけヨガの太陽礼拝をするだけでも、全然違うと思います。

気持ちいいなと感じたら、回数が増えたり、時間が増えたり自然とするもの。「気持ちいい」と感じることがかんたんセルフケアのポイントだと思う。

食事も

朝ごはんはしっかり食べるのは、体内時計の調整にも効果的。

その分、夜は軽くすることで、胃の負担の軽減になったり、ダイエットにも。食べる時間を変えるだけでも、体調が整うことあるよ。

素材の大事さが問われることも多いけれど、その前に、どの時間にどんなものを食べるか、という視点も大事にすることで、免疫力の維持が期待できるといえます。

睡眠

睡眠は、疲労回復や修復する役割があるので、こちらも免疫維持には欠かせないところ。アロマテラピーはカラダやメンタルを休めるサポートをするのが得意なので、

初めてアロマテラピーを始めるなら、好きな香りを、枕もとに垂らす。なんてところから始めるのもイイね。100均のはやめて欲しい。天然のアロマテラピーショップで買う天然の香りがおススメです。

ちなみにいい香りは、「気持ちいい〜」という感覚でのいい香りにしてね。だれか偉い人のおすすめの「安眠にいい香り」を調べて買うんじゃなくって、シンプルに「スキ!」ってのを選んでみてね。

気持ちいい睡眠は、免疫維持にめっちゃ大切です。

そうココロが大事

ストレスは心身に影響を与えます。過剰なストレスは、もちろん免疫力の低下につながることは、周知の通り。

「気持ちいいこと」や「気持ちいい感覚」を思い出させたり、目覚めさせてくださいね。

ライフスタイルを変えること

免疫を上げて健康になるための対策は、こんな風にシンプル。

しかし、今うちの子供たちは、夜遅くまでスマホでラインや動画をみていたりして寝るのが遅くなり、そのままお昼近くまで起きれず、お陰で夜は眠れない・・という、悪循環を起こしてます。

一つ一つのケアは簡単でも、その簡単なことがなかなか出来ないことってあるね。

私も全く完璧ではありません。意思の弱さには誰より誰よりも自信があります。母親やワンコのお陰で朝の習慣が保てているだけ。

あとは「カラダが、ココロが、気持ちいと言っている感覚」を知っているから。だから、面倒くさがりでも続けることができています。

しかし、お仕事の都合など環境的に難しい場合もありますよね。人には、それぞれライフスタイルや生活習慣があって、そもそもそれを変える、それ自体がすごく難しいと思いませんか?

ダイエットのため、いろいろトライしてみても続かないのと同じで、出来る人にとっては簡単なことが、出来ない人にはとても難しい。

セルフケアは、薄皮をむくように、少しずつ、少しずつ・・自分に合ったもの、取り入れやすいもの、楽しいもの、ラクなものをハードルを低くして、コツコツと気持ち良い範囲で対策いくしかない。

セルフケアとしてのアロマテラピー

私がアロマテラピーにそもそも興味を持ったきっかけは、「香り」ではなく「薬理作用」の方でした。

ちょっと具合が悪い。でも、お医者さんに行ったりするほどでもない。そんなときに、自分でできることが欲しい。正直、、病院行くのがめんどくさい・・ズボラゆえのアロマテラピーです。わたしのアロマテラピーはラクするための選択肢。

最初は薬理作用に思った効果を感じられなくて、失敗かなと思っていたのですが、その後効果を感じられなかった理由が分かり、効果的な使い方を覚え、どんどん生活で活用できるようになっていきました。

https://ameblo.jp/lealea/entry-12569842449.html

こちらの「男がアロマで何が悪い!?」のサイトでは、コロナウィルス対策アロマレシピ紹介されています。

ウィルス対策だけでなく、免疫力を上げることも、アロマテラピーで期待できます。

精油の薬理作用は、同時にメンタルにも有効なものが多い。一石何鳥も・・

ラクで、おトクだから、続けている方法です。かなり主婦感覚だからね。

セルフケアとは自分を大切にするということ。

自分自身をケアする、それを普段の暮らしでラクに行う。

健康のため、自宅で出来ること、自分でできること、色々あると思います。

ストレスをなるべく減らすというのがわたしがすごく大事にしてるポイント。

休むこと・楽しむこと・食べること・動くこと。できる範囲で小さな楽しみを見つけながら、

わたしも、からだは40代後半おかげで元気に暮らせているし、精神的ストレスがかっかても回復は早いし、穏やかに暮らせるようになったと思います。

しつこいですが、わたしは生き生き自分らしく生きることが最優先。そのための健康。

軽やかにどんどん自由に生きたいな。

(嗅覚反応分析士トレーナー 垣内海歩)

おまけ

徳川家康は、自分の健康に留意しており、当時としてはかなり長生きした。平時にはお供とともに鷹狩りなどに出かけることで適度な運動をとっていた。山野を歩くことになる鷹狩りはけっこうな運動となったのであり、精神的なストレスの解消ともなった。また家康は漢方薬薬草にも造詣が深く、医者にむやみに頼らず、自ら調合した薬を服用していた。また当時の他の武将たち同様に、家康も温泉を活用した。

Wikipediahttps://ja.wikipedia.org/wiki/セルフケアより

徳川家康は、セルフケアの達人だったんだ。政権が安定して長かった理由が分かった気がするな。


友だち追加