不登校が嗅覚反応分析で解決した話

不登校のお悩み時々あります。

お母さんは「子供が理解できない」という所にストレスを感じるのじゃないかな。

そして子供自身も自分が理解できないし、理解してもらえない辛さも。

私も、息子が保育園の時、行きしぶりが続き、本当に悩みました。

今は色んな経験をした先輩としていうと、行きしぶりなんて可愛いものですが。

その時、嗅覚反応分析を知ってたらほぼ悩まなかったやろうな・・と思いますし、その時の息子のグラフの予想が今はできるので、アロマや食事で案外あっさり解決してたんじゃないかなと思います。

あのころ、本当に、息子の気持ちがわからなかったな。行けば案外元気に過ごしているし、理由を聞いてもよく分からない・・とにかく、何が起こっているのか理解できないことが一番のストレスでした。

それは、きっと高校生でも同じ。自分でもわからない自分の状態や感情を表現するのは、大人でも難しいこと。

いつも元気で、小さな頃から学校へ行くことに困ったことのない娘が、高校生の時突然朝、

「母さん・・学校行けない」と言ったことがありました。理由を聞いても「分からない」と泣いています。

わたしにすれば、「たくましい娘に限って・・」と晴天の霹靂。人間関係でのトラブルもないようで、自分でも本当にわからないと言うので、あわてて嗅覚反応分析を。

結果は、いつもとは全く違うバランスで(いつもプラスですが、超マイナスになってました)、すぐに「これは何か重大なことが起こっている」と感じました。

そして、プラスにするアロマを塗ろうか?と相談して塗ると「行けそう・・」と言ったので、その日は車で送って学校へ。

夕方も心配で学校へ迎えにいきました。それでも「やっぱり何か違う・・」という娘。

やはりグラフにも現れていたので、次の日は対策をしつつも学校を休みました。

1日休めば、グラフも戻り、結局高校生活は風邪以外は休むことなく登校、今は無事大学生です。

しかしもしこの時、嗅覚反応分析を知らなかったら・・と思うとゾッとします。

多分、私は過剰な心配や不安(グラフから、なんとなくホルモンのせいかなということが予測できたので、とても冷静に対処できた)に翻弄され、

対策もわからず(アロマが使えたのも大きい)、この事象を、重症化や重大化していたと予測できます。

私は人一倍、心配性で不安症でネガティブですので。。

知ってて本当に良かった・・と感じることの一つ。たった1日のことだけど、忘れられない出来事です。

高校生の不登校のお悩みに親子でカウンセリング。徐々に解決し、今では真っ直ぐ夢を追いかけて元気いっぱい。そんな嬉しいエピソードを基礎講座でするときは、何故か毎回涙がこみ上げます。。

父の鬱問題も1日あっさり解決した事も基礎講座の鉄板ネタです。

お母さんカウンセラーが家にいれば最高やな・・といつも思ってます。

嗅覚反応分析士さんのカウンセリングもおススメです。

 

つい先日、不登校のご相談があり、翌日、仲介者さんから、子供さん二人とも朝起きてきたと喜びの報告。

次のステージってなんやろ?(笑)


ライン@で、スケジュールなどお知らせしています。お問い合わせやお申し込みも、ラインで可能。

友だち追加