お仕事として嗅覚反応分析をスタートさせたい

お仕事として嗅覚反応分析をスタートさせたい。

そんな方から勉強会のリクエストメッセージをもらったので、会う約束を

 

そこで、

必要なのは「さらに勉強を深める」ことではなく、

「腑に落とす」ことなんじゃないかな?

なんて偉そうに言う。

 

 しかし、私はこの彼女が勉強が足りてないとはどうしても思えない。 

 足りないところがあるとすれば、

「やってみる」

「行動する」

「試す」

 だけ。

 

経験したり、体験したり、失敗したり、成功したりして、初めて

腑に落ちた勉強になる。

 

 勉強だけだと「分かったふり」もなりやすいデメリットもあるなと感じてます。

 

「やりたい」なら、先に勉強じゃなくて、先に体験。

体験して失敗したり感動したりして、結果的に勉強になるから。

しかも、お小遣い貰えながら勉強なるんやで〜すごく面白いよ、是非是非やってみて〜ってことを話す。

インストラクターの糸さんも一緒に応援したり経験をシェアしてくれてました。

私たちはそれを経験して腑に落としてるから言えるのかもしれない。みんな同じ悩みや同じ経験をしてきているから。

 

大丈夫と、伝えたらどうやらやる気になってくれた様です。

あとで、自分のグラフが前向きに変化した報告をくれました。(嗅覚面白いよなほんと)

かっこ悪いこと、恥ずかしい思いをしたら、笑ってまた聞くからね。

そんなことだらけだよ、私も。

 

そして、海歩さんみたいになりたい。

と言われた言葉が気になって、帰って真剣に考える

もちろん私になりたいというよりは、

私のスタンスや価値観のベースを知り

迷いなく進みたい、と言う意味と解釈かなと。

 

参考になるから分からないけど、と、後から一冊の本をふとお勧めしました。

私も、嗅覚反応分析をスタートさせて、初めはお仕事というより趣味のような感覚だったけど、

気をつけていたこと、意識していたこと、感じていたことが、先月読んだこの中に論理的に書かれてあったので、

私の感覚は間違ってなかったんやと。ちょっと感動した本でしたので。

 

もちろん私もまだまだ途上ではありますが、

まじめに頑張ろうとしてる人は応援したくなりますね。

https://ameblo.jp/tm-maety/entry-12524203625.html

 

とはいえ、勉強会・・やってもいいかもと考え中。ヒントをありがとう。


ライン@で、スケジュールなどお知らせしています。お問い合わせやお申し込みも、ラインで可能。

友だち追加