マインドフルネス・瞑想がうまくできているか知る方法

瞑想には様々な効果があることが科学的にも実証されてきてますね。

ビジネスで成功している人が瞑想を習慣化していたり、多くの企業GoogleやYahoo!なども研修で取り入れていたり。

なんとなく良いんだろうな・・という認識はみんなあって実践してる人も多いのかな。

瞑想の効果

リラックスして脳を休ませ、ストレスを軽減させるそう。

そのことで、必然とパフォーマンスマンスの向上や、免疫力アップにもつながる。

まさに、心身に良い影響を与える方法です。

瞑想やり方

詳しく調べれば色んな方法がありますが、

1.良い姿勢で坐る

2.自分の呼吸に意識を置く

3.感情や思考が浮かんでも、それを追わず呼吸に戻る

一般的にはこんな感じが主流でしょうか。

すごくシンプルです。

瞑想ができない

こんな良いものならやらないと勿体ない。

もちろん私も何度か挑戦してみたことがあります。

しかし、全く出来ている気がしません。

寝ながらやるスタイルにも挑戦したこともありますが、何度かトライしても見事に寝落ち。

呼吸に集中しようとしても雑念はひっきりなし。じっとするのも苦痛・・

瞑想の効果や良さを感じられたら、自然と継続できるのかもしれませんが、それも良く分からず。

全く瞑想が実践や継続ができませんでした。

シンプルだけど、習慣にするのは簡単ではない。

数えるほどの経験ではありますが、ずっと昔にわたしは瞑想はできない人と認識し、今では「瞑想は自分には無理」と決めつけて実行することは無くなっていました。

あれ、出来てる?

が、しかし・・わたしは嗅覚反応分析を数年前に学びました。

嗅覚反応分析は自分の今の状態をグラフ化して、視覚化します。

こんな風に。

このグラフには臓器の働きもエリアごとに分類されています。

「脳」という臓器も4箇所のうちの1つのエリアに分類されています。

そのエリアの数値が高いと「脳」の働きが過剰と考えられるわけです。(その時の香りの好みから分析)

瞑想は「脳」を休ませる行為と言われているわけですから、瞑想することで「脳」のエリアの数値が下がると考えられますよね。

つまり、嗅覚反応分析を使えば、瞑想がうまく出来ているか出来ていないかすぐに数値で分かるというわけです。

瞑想がうまくできているか知る

実際に、わたしは瞑想をしても数値は下がるどころか、上がります。

瞑想で呼吸を意識しすぎて・・意識は「脳」の働きですので、より活性化して数値が上がったと考えられます。

確実、瞑想失敗してますね。

どうりで、すっきり感もなく、効果的と思えなかった訳だ・・

ある受講生さんも、基礎講座でチェックキットを手に入れて、その夜早速瞑想検証したそうです。

翌日、瞑想前後のグラフを見せて貰い、、やっぱり彼女も失敗してました(笑)

けれど、「脳」のエリアと全く違う箇所も、びよーんと伸びており、わたしとは違って興味深い結果になっていましたが。

 

しかし逆に・・その「脳」にあたるエリアの数値が低い時は、「脳」の働きが弱いと考えられます。そういう場合は、わたしの意識瞑想が、成功テクニックになる訳です。

呼吸を意識して、働きが弱くなっていた「脳」を活性化することで、パフォーマンスが向上すると考えられます=成功。

上手く説明できない・・汗

 

しかも、うっかりこんな私でも瞑想が成功している時もあります。無になるようなヨガをした時など。

ヨガは動く瞑想と言われるそうですね。納得です。

成功したかどうか、全て数値化したグラフから読み取っているだけですが・・

嗅覚反応分析を使うと、瞑想がうまくできているかどうか分かりやすいだけでなく、瞑想が不必要な日があることにも気がついて行きますよ。

すでに、無すぎる日は、しなくて良さそうですよね、どう考えても。

その日によって瞑想の仕方も調整できるようになれば完璧ですね。

この動画の最後に、「瞑想がうまくできたか知る方法」として、呼吸に間が感じられるかどうかが基準とありました。

それって判断めっちゃ難しくないかな?チェックしたら早いのにな・・と感じての投稿です。

この凄いことを、このサイトでは回りくどくしか説明できず・・ほんと基礎に来て欲しい(笑)がっつり話したいです。

このツール手に入れると色々と楽なんです。

伝わるといいな・・良かったら来てね。


 

ライン@で、スケジュールなどお知らせしています。お問い合わせやお申し込みも、ラインで可能。

友だち追加