幸せなお母さん

お母さん歴18年以上。新米お母さんが目指してたのは、「いいお母さん」

いつも私の中に理想モデルのお母さんがいて、料理上手で、家事が得意。

いつも笑顔で、優しくて、子供は成績もよく、おまけにスポーツもでき、万能な様子が自慢。

 

なのに現実は、子供にイライラしたり、家事が面倒だったり、子供の評価に一喜一憂。自分の評価のように感じたり。

そして自己嫌悪。

 

そんな私にいつも主人が言ってくれてたのは、好きなことして毎日を楽しむように、でした。

それは自分の為にだけではなく、子供のためにも。

家の雰囲気は「お母さん」が決めている。なので、私が幸せで楽しそうだと、

子供たちもきっと楽しくで幸せだ。ついでに俺もめっちゃ幸せで楽しい。

できるお母さんではなくっていいから、幸せなお母さんでいように。

そんな風に言ってくれることで、少しずつ、自分の幸せの形を追い求め、

仕事をするなら、幸せを感じれる仕事がしたいなと思い、

一生安泰であろう事務仕事を勇気出して退職。

理由を聞かれて、

アロマテラピーの勉強をしたい。と答えた私。

 

辞める口実でスクール通いを決めました。

「仕事しながらでも勉強できるやろ。」と何度も止めてもらいましたっけ。

 

でもホントあの時、勇気出したな私。

これから得られる安定の収入が何度もチラつき、

子供のこれからの学費などを考え、怖くて仕方なかった。

 

でも、主人が「なるようになるから大丈夫や」と根拠なき自信で、支えてくれてたからこそではあります。(右下オットでほんと良かった…)

 

そこから、サードメディスンに繋がり、トレーナーになった時は、ちょっと感慨深いものがありました。

 

幸せなお母さんで私がいることで、家族に幸せでいてほしい。

常にモチベーションはこのスタート。

でも結局いつも私を支えてくれるのは家族でしたが。

なので、私はサードメディスンを学んだ方には、

もちろん主婦の方じゃなくても誰にでも、

人と比べずに、好きに、とにかく楽しんでと、思っています。

サードメディスンがその背中を押せたらないいな。

 

垣内 海歩


CAMILLE(カミーユ)サードメディスンとアロマの教室

バランスやタイプはサードメディスン理論に基づいています。

ライン@でのお問い合わせが一番多いです。

友だち追加