【トトノウ手帳術】バレットジャーナル


バレットジャーナルってご存知ですか?

私はこの本で初めてしりました。

バレットジャーナルとは、いわゆる手帳術。

やりかたはとてもシンプルで、自分の好きなノートとペンを用意して、好きなことを書き記していくだけです。

予定・TO DO・日記…など、を書くだけではなく、

読みたい本、買いたいもの、勉強のスケジュール、家計簿、旅行の記録、仕事のアイデアのメモ、ウィッシュリスト、読書記録….

自分が管理・記録しておきたいことなら、何でも一冊のノートにまとめていきます。

ほぼ日を使っている私ですが、▶︎手帳でトトノウ

ほぼ日手帳は、毎日の記録やなんでもかんでも書くのは同じなのですが、そばで私を見守ってくれる感じ。そっと寄り添いが得意。(←私の使い方の問題)

しかし、こちらの手帳術は、私を引っ張ってくれるマネージャー的存在です。

そして、私はちょうど今!私のマネージャーを探していたんです。

TO DOリストは嫌いだし、感情優先しがちな私。それはそれで嫌ではなかったのですが

しかし、頭の中はしたいこと沢山。

なのに、自己管理能力の低さから、妄想で終わる日々。

例えば・・

・本を読みたい

・あれを買いたい

・もっとお勉強したいな

・こんなとこ行きたい

・こんな服欲しい

・朝活したい

いくらでも出てくるのですが、出来てないことだらけ。

かといって、忙しすぎるわけでも無し!

いざ、買い物に行っても、何が欲しいか思い出せず、時間がたっぷりあっても何をしたら良いか分かんない(笑)

しんどくないやり方で、しかも強制されずに、やりたくなる、そして簡単にやれる、なにより楽しくないと。

そんなズボラで超わがままな私に合う方法ないかな?と考えていたところピッタリの本でした。

まだ数日ですが、頭の中のごちゃごちゃが整理整頓されつつある。

そして楽しいのに、やりたいことも大分効率よくやれてきています。すごく嬉しい!

TO DOが嫌いだったのは、書いたとたん義務になり、やらねばならないことに変わるから・・それをこなすのは苦痛なのです。

例えば勉強だって、義務やノルマでやるのと、やりたくてやってる事を自覚してやるのとでは大違い。きっと結果も違うはず。

私はモノを減らしたり、▶︎サードメディスンでこの世界をシンプルに見れるようにしたり、外の環境は少しずつ整理していたのだけど、頭の中がごちゃごちゃだった。

でもこの方法だと、出来ること・出来ないこと、したいこと・本当はしたくない事、期限や優先順位、捨てる(諦める)こと、それらがシンプルになって身の丈に合っていく感じ。

この手帳術はとてもシンプルなのだけど、その為に必要でとても大事なキー(記号)を使っていきます。そのキーに慣れると、見返してもとっても見やすくなる。

そして毎日リセットする感じです。その作業がすごく面倒に感じても、それをやる方が一日スムーズと感じるのでやっています。

慣れてくるとイロイロがもっと効率良くなりそうで、その辺りも期待。

わたしの妄想をトトノえてくれる、最高のマネージャかもしれません。

検索すると色んなサイトが出て来ますよ。

▶︎バレットジャーナルとは

▶︎バレットジャーナルの書き方

しばらく、続けてみます!