【手帳でトトノウ】手帳で暮らしが充実

手帳画像
手帳画像

9月にもなると、来年の手帳が続々と出てきますね。もう来年のことなんて早すぎ。

年末などに手帳を手に入れたときって「よーし!来年はイロイロやるぞ!」

と意気込んでも、だんだんと 日がたつにつれて、書かなくなったり・・・

そうなると、もったいない。

手帳を自分の暮らしに取り入れると、様々なことがうまく回り始めたり、暮らしはどんどん充実していく気がします。何より楽しい。楽しいと続いてしまう。

そんな私はほぼ日手帳歴気がつけば今年で11 年

全部ほぼ日。カズンの年も。

2007年以前も手帳を使っていたけれど、用途はスケジュール管理という感じ。

ふとほぼ日手帳を買ってから、手帳の概念が変わり色々書き込むように。

ほぼ日の特徴は色々あるけれど、1日1ページというのが気に入ってます。

あとは、紙の質など好きな所は沢山ですが、なにより一番の理由は、ワクワクすること。

シンプルなだけに自由度が高いので、人それぞれ使い方は全然違ってるのも面白い。それを見るのも楽しいんだな。

参考▶︎ほぼ日手帳みんなの使い方

とは言え今回は、ほぼ日手帳をおススメしたいのではなく手帳の効果です。

あくまで個人的な内容ですが、手帳って人生がトトノウ素晴らしいツールですよ〜。

 

使い方イロイロ

1.やっぱりスケジュール管理

私はスマホのカレンダーを家族と共有しているので、予定はそちらがメイン。

それを改めて手帳にも書き出すと、よりリアルになり、準備したり、to doを書き込んだり(to doだらけは苦手なので、最低限)。近い未来のイメージに繋がるので、ここで理想を書き込むことも。簡単な引き寄せ手帳としても。

 

2.日記・ライフログとして

その日あったことや、感じた事など記入。子供が小さな時に落書きした絵や文字なども、可愛く残ってます。

写真を貼ったり

挟んでたり

サンタさんに必死のお願い。

落書き

 

3.サードメディスン

これもライフログと言えますね。状態が日記と共に残るので面白い。

手書きでバランス書いてたり

貼ったり

これはルンルンの。かわいい。

4.思考の整理

もやもやしたら、理由を探す。分かるとスッキリすることがほとんど。

もやもやを探ってます

5.情報の整理・好きを集める

メモ・読んだ本の情報などを簡単にまとめたり。

昔から好きなもの変わってないな

憧れをスクラップ。家計簿も書いてるの発見

6.夢ノート

雑誌で見た欲しい服や、行きたい所、好きなものを切り貼りしたり。

▶︎夢がかなう・人生が変わる手帳の書き方

 

 

おわりに。

わたしにとって手帳は、主に書いた時点で役目を果たしてくれてるモノ。その日あった事など書く事で、色んな気づきが生まれたり、自分の事が分かったり、妙に感謝が生まれたり、楽しかったなと思えたり。

殆ど何も書かない時期も多くありますが。

あまり見返す事がないので、何度も断捨離の対象になったのですが、今回ちらっと見ただけでも、子供との想い出とかは楽しいですね〜あぁその頃サードメディスンチェック知ってたら。。やっぱりまだ捨てれそうにないです。

手帳はサードメディスン理論では、思考の整理もでき、右上を刺激してくれそうですが、それだけでなく、ワクワクし、やる気もわき、癒し効果もある。使い方によって全方向いけますツールです。間違いなく、バランスがトトノウ、そして人生がトトノってるのは確か。

さて、来年はどんな手帳にしようかな〜